甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

用語集

■甲冑用語集WEB版 わ行

このサイトで掲載の用語は「甲冑用語集WEB版」でほぼ確認できます。誤字誤植の訂正は随時行っています。

※明らかな誤りや誤植を発見された方はお手数ですが、お問い合わせページからその旨お送りいただければ幸いです。ただ、お返事などは出来ないと思いますのでお許しください。
※How To Read についは、参考程度としてください。表記に問題があるため全面改定を準備しています


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | ダウンロード |


No. 漢字 ふりがな How To Read 説明
10265 脇板 わきいた wakiita 金具廻りの一種で、大鎧の左脇、胴丸、腹巻、腹当、当世具足の両脇の最上部に付く金具。当初の大鎧、胴丸、腹巻には無かったが、南北朝期以降に付加が定着する。
10266 和紙小札 わしこざね washikozane 鉄や革の代用として和紙で作られた小札。江戸期の遺物にもみられるが、明治以降になるとこの技術を生かして、優秀な端午の節句に飾る甲冑にも用いられる。
10267 綿噛 わたがみ watakami 「肩上」とも書く。押付板からとる甲冑の左右の肩に当たる部分。大鎧の場合は押付と一続きで作られている。
COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-08
戻る